HOME > ご祈祷・参拝

ご祈祷・参拝

御祈祷(祈願祭)、外祭(出張祭)は事前にご予約戴ければ幸いです。
(土日祭日は、申し込みが集中致しますので、お早めにご予約をお願い致します。)

Eメールでのお問い合わせ:info@ogashira.jp

外祭(出張祭典)


地鎮祭・各種出張祭典のご相談に応じます。


●地鎮祭 ●上棟祭 ●定礎祭 ●竣工祭 ●宅神祭 ●神葬祭 ●年祭など

交通安全祈願

kotsukiganお車とご乗車される皆様の安全を祈願させていただきます。

安産祈願

子宝に恵まれたことを神様に感謝し、妊娠五ヶ月の戌の日に 着帯の祝いをします。
戌の日が選ばれるのは、犬の安産にあやかるためといわれています。
妊婦は赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味がこめられた岩田帯をしめます。
そして母体の安全と無事に赤ちゃんが産まれることを願って安産祈願をします。

【安産祈願のご案内】

令和3年の「戌の日」一覧

1月
2日(土)・14日(木)・26日(火)
2月
7日(日)・19日(金)
3月
3日(水)・15日(月)・27日(土)
4月
8日(木)・20日(火)
5月
2日(日)・14日(金)・26日(水)
6月
7日(月)・19日(土)
7月
1日(木)・13日(火)・25日(日)
8月
6日(金)・18日(水)・30日(月)
9月
11日(土)・23日(木)
10月
5日(火)・17日(日)・29日(金)
11月
10(水)・22日(月)
12月
4日(土)・16日(木)・28日(火)

※正確には暦にてご確認下さい。

人生儀礼

日本人は、昔からさまざまな伝統を受け継いできました。人生の節目節目に行われる「人生儀礼」も、そのひとつです。それは祖先が育んできた信仰の中で培われた美しい風習といえましょう。
日本人の生活は時代の進展とともに大きく様変わりしていますが、昔から伝え守られてきた人生の英知はこれからも大切にしていきたいものです。

初宮詣

男児は生後32日目、女児は33日目以降にお参りするのが一般的です。祝い着を着せて神社に参拝し、家族揃って幼児の成長御加護を祈願します。

七五三の祝い

11月15日に、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が、身を浄め晴れ着をまとい、親子ともども神社に参拝し、つつがなく成長できたことを感謝します。昔から男女児とも3歳で髪置し、男児は5歳で袴着、女児は7歳で帯解をして宮参りしました。
令和3年の数え年
お子様の育成祈願
祈願名 年齢 生年
初誕生
(誕生日頃)
満一才 令和2年生
七五三詣
(11月頃)
3歳
5歳
7歳
平成31年・令和元年生
平成29年生
平成27年生
十三詣
(3月頃)
13歳 平成21年生

入学・卒業祝い

みんなで一緒に教育を受ける学校への入園・入学に際して、学業成就を祈願します。また、めでたく卒業できたら国家・社会のために役立つ人物となることを御神前に誓い、御加護を祈願します。


成人の祝い

男女とも、満20歳になる年の成人の日に、新成人として国家・社会に貢献することを奉告祈願します。昔は、10代なかばで男子は加冠(かかん)、女子は着裳(ちゃくも)の儀を行いました。


結婚の祝い

縁あって結ばれた新郎新婦の新しい門出を祝います。祝宴に先立って、御神前で厳粛に式を挙げ、三三九度の献盃をかさね、夫婦が幾久しく幸せで心豊かな家庭を築くことを神様に誓います。


厄年のお祓い

厄祓いは一般的に数え年でお参りします。

令和3年の数え年
男性の厄年(大厄:42歳) 女性の厄年(大厄:33歳)
前厄 本厄 後厄 前厄 本厄 後厄
24歳
平成10年生
とら
25歳
平成9年生
うし
26歳
平成8年生
ねずみ
18歳
平成16年生
さる
19歳
平成15年生
ひつじ
20歳
平成14年生
うま
41歳
昭和56年生
とり
42歳
昭和55年生
さる
43歳
昭和54年生
ひつじ
32歳
平成2年生
うま
33歳
昭和64年・平成元生
へび
34歳
昭和63年生
たつ
60歳
昭和37年生
とら
61歳
昭和36年生
うし
62歳
昭和35年生
ねずみ
36歳
昭和61年生
とら
37歳
昭和60年生
うし
38歳
昭和59年生
ねずみ

八方除け(八方ふさがり)

本年は「六白金星」の方が八方塞がりの厄年に当たります。
八方位とは、実際の方角を示す物ではなく年齢ごとの「星回り」を指します。
その星回りが中央に位置する年令は古来より厄除け(八方除け)が必要な
八方塞がりの厄年とされています。

男女共通
91歳  昭和6年生まれ
82歳  昭和15年生まれ
73歳  昭和24年生まれ
64歳  昭和33年生まれ
55歳  昭和42年生まれ
46歳  昭和51年生まれ
37歳  昭和60年生まれ
28歳  平成6年生まれ
19歳  平成15年生まれ
10歳  平成24年生まれ

齢祝い

長寿をみんなでお祝いする習わしです。還暦(61歳)は干支(十干十二支)が満60年でもとに戻るので本卦還りともいいます。古稀(70歳)は”人生七十古来稀なり”の語に基づくものです。喜寿(77歳)は喜を”"にあてたものです。傘寿(80歳)は傘の略字”仐”から来ています。米寿(88歳)は米を”"にあてたものです。白寿(99歳)は、百から一を取ると白の形になるからです。
厄祓昔から、忌み慎むべき厄難のある大切な年を、厄年と言ってきました。厄年とは、一定の年齢に達し、 社会的にも重要な役割を担う様になる頃、それと相俟って心身の疲労・病気・災厄が起こりやすく、人生の転換期として、また注意すべき年廻りや生涯の一つの節目と して、自覚と慎みが必要な時期にも当たっているのです。
一般厄事は、男子は25歳・42歳・61歳、女子は19歳・33歳・37歳で、特に男子の42歳・女子の33歳は大厄と言われ、前年を前厄、当年を本厄、 翌年を後厄として3年間を忌み慎む習わしがあります。災厄に遭わない様に心掛け、年頭には神社に詣でて厄祓の祈願を行います。

各種祈祷、参拝の受付

大頭神社社務所までご連絡ください。
電話:0829-55-0378 FAX:0829-55-0513